SIMロックが解除されたiPhoneを買う

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、大手キャリアが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

通常、帯域がしっかりしていれば一気にアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、料金だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

低価格のSIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

au等ですと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと月額1000円以下という料金プランも。

一回は、検討してみても良いと思います。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

しかし、softbankやauのものはそのまま利用することはできません。

そんな時は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロックを解除する、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、Softbank MobileではUSIMカードと言われているIC型のカードのことです。

スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近よく話題に挙がるようになりました。

通常のスマホや携帯電話網に接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他の会社のSIMは使えないSIMロックがかけられています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのサービスを利用することができます。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、サービスのスペックとしての速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

たとえば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

さまざまなMVNOもdocomoの回線を使用しているにも関わらず、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、回線の帯域である太さと通信の設備に影響されるからです。

この「回線帯域の太さ」と「通信の設備」は各社によって違ってくるものです。

参考にしたサイト>>>>>格安SIMをかけ放題で使う場合のおすすめの会社?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です